エレキギター、バンド関連情報ポータル

ビグスビー(Bigsby B5/B7)

ビグスビーはグレッチのギターに標準で装着されてるイメージが大変強いですが、基本的にどのギターにも装着可能です。
アーミングプレイをした時のそのプレイアビリティは、正直フェンダーストラトのアームとかと比べてかなり劣るように思えますし、そのチューニングの精度もあまり良くないです。かなり狂います。しかしそれを補って余りある独特のルックスはアーミングプレイを必要とせずとも装着したくなるだけの魅力があります。ビグスビーには大きくB5とB7というタイプに大別されいずれかのタイプを使用することでギブソン、フェンダー系のギターですとほぼほぼ装着が可能です。

Bigsby B5

Bigsy B7

 

ビグスビーにはビブラメイト(VIBRAMATE)というサードパーティ製の器具が販売されておりこの器具を使うことでギターに新たにネジ穴を空けることなくビグスビーを装着することができます。ビグスビーのタイプやギターのタイプに応じたビブラメイトが販売されております。

 

私はギブソンSGにビブラメイトを使ってビグスビーB5モデルを付けて使うことがあります。SGはご存ぢのとおりヘッド落ちすることで有名ですが、ビグスビーの重さがボディに加わることでかなりバランスが改善されます。見た目もグッドです!

 

スイッチャー

関連ページ

プログラマブル・スイッチャー
エレキギターの基礎知識から上達する練習方法まで
弦について
エレキギターの基礎知識から上達する練習方法まで

エレキについて エフェクター 機材・アクセサリー メンテナンス 弾き方 ライブの心得 おすすめ情報 エレキ関連情報