エレキギター、バンド関連情報ポータル

エフェクターについて

エフェクター全般

エレキギターにおける他の楽器と違う楽しみの一つとして、エフェクターの存在がありますよね。いろんなタイプのいろんな特徴を持ったエフェクターがありますが、使い方ひとつで元のギターの音を良くも悪くもしてしまいます。エフェクターの音作りにおいてはまさにギタリストのセンスが問われるところだと思います。エフェク...

≫続きを読む

ディストーション

歪を強くかけ過ぎないのがやはりポイントだと思います。思い切りゲインを利かせたディストーションサウンドはギターだけで聴いていると非常に気持ちがいいものですが、バンドで他の楽器と合わせるとなると大変ヌケが悪くなってしまいがちです。どんなに音量を上げても他の楽器の音に埋もれてギターの音が聞こえないという状...

≫続きを読む

オーバードライブ

ディストーションに次いでよく使われるエフェクターではないかと思います。ギターを始めた当初はやはり強烈なディストーションの歪でないと歪んだ気がせず、まったく使う意味がないと感じていたエフェクターですが、演奏するジャンルの広がりや歪の世界の奥深さがわかってくるにつれて良さが徐々にわかってきたように思いま...

≫続きを読む

ディレイ

ディレイに関してはフィードバックの回数を増やし過ぎないのが一つの音作りのコツになるかと思います。私の場合はディレイ音を一度MAXにしてディレイ回数を3~5で設定します。特殊効果を狙うんじゃない限り通常の楽曲であればこれで間違いないと思います。ギターソロで深いディレイをかけるのは効果的ですが、早いフレ...

≫続きを読む

コーラス

コーラスに関してもやはり深さを強くかけ過ぎないのが一つの音作りのコツになるかと思います。あえてコーラス効果を深めにかけて曲のジャンル独特の雰囲気を作ることもありますが通常は聴き比べればわかるくらいの隠し味的な使い方がきれいな音を作る秘訣ではないかと思います。コーラス臭さが出る直前の、音の広がりが出始...

≫続きを読む

コンプレッサー

コンプレッサーはクリーンなアルペジオサウンドや16ビートのカッティング系のプレイでは欠かせないエフェクターの一つと思います。比較的な効果が地味なエフェクターの一つだと思いますがエフェクターのブランドによってかなり個性が違ってくるように思います。有名なものにMXR社 の dyna compがあります。...

≫続きを読む

   このエントリーをはてなブックマークに追加

エレキについて エフェクター 機材・アクセサリー メンテナンス 弾き方 ライブの心得 おすすめ情報 エレキ関連情報