エレキギター、バンド関連情報ポータル

弾き方のコツ

ここでは一般的なギターの弾き方含め、私がこれまでギターを弾いてきて教えてもらったり経験的に学んだ、こうやったら上手に弾ける といったコツのようなものをまとめたいと思います。
必ずしも誰にでも当てはまるものではないかもしれませんが、ギターがある程度から上手くならずに行き詰った方や、どうやって弾いたらわからない初心者の方のヒントになればうれしいです。

指を立てて弾く

なるべく指を指板に対して垂直になるように弾けるようになるといいと思います。私も以前は指の腹に近いあたりで弾くクセがついてたんですが、なるべく指の先端で弦を押さえて指板に対して垂直になるようにしました。これによってコードの音の分離がよくなるのと音のキレがとてもよくなったように思います。慣れるまでは指先が痛かったです。

 

指板を見ずに弾く

弾く時にフレットの位置を確認するときには、ネックのサイドのポジションマークを見る習慣をつけるといいでしょう。指板をのぞき込みながら弾く姿勢はあまり美しくないのと、ステージ上では暗くて見えない場合もあります。また座った姿勢と立った姿勢では指板の見え方も違います。指板のポジションマークを見なくても弾ける習慣を付けた方が本番でよいパフォーマンスを出せるでしょう。

 

弦は軽く押さえる

弦はミュートされて音が出なくなる直前ぐらいの加減で押さえられるといいでしょう。強く押さえすぎるとピッチがずれたり音のキレがなくなります。特にコードの場合は和音の音別に押さえる力の加減を均一に保つのが難しいです。普段から意識して押さえるようにするといいと思います。

 

カッティングは思っているよりも一弦よりを中心に弾く

カッティングをする場合は、思っているよりも1弦よりを中心にストロークするといいと思います。初心者の方や音のキレのなさを悩んでいる方の弾き方は巻き弦側を中心になるような弾き方をしている傾向があるように思います。特にギターを低く下げたスタイルの方はそのようになりがちです。中心を下に持っていくことでハイよりの音が前に出て音にキレと軽さが出てきます。やはり視点が楽器よりも上ということで、はじくべき弦の位置感覚が適正な場所よりも上側にずれがちです。意識的に中心を下にずらすようにして感覚を正していきましょう。

関連ページ

練習方法
エレキギターの基礎知識から上達する練習方法まで
ピックの持ち方について
エレキギターの基礎知識から上達する練習方法まで
よく使うコード
エレキギターの基礎知識から上達する練習方法まで
特殊な弾き方
エレキギターの基礎知識から上達する練習方法まで
耳コピーのコツ
エレキギターの基礎知識から上達する練習方法まで

エレキについて エフェクター 機材・アクセサリー メンテナンス 弾き方 ライブの心得 おすすめ情報 エレキ関連情報